太陽光発電設備

特徴

太陽のエネルギーを太陽電池によって直接電気の変換します。変化された直流電力は接続箱からパワーコンディショナへ送られ、交流電力を分電盤によって各配線に分ける設備です。

構成

● 太陽電池モジュール
主な構成要素であるシリコンなどの半導体に光があたると電子を放出し、このモジュールは光電効果により電気を発生させます。

● PCS(パワーコンディショナ)
太陽電池モジュールから発生する電気は乾電池と同じ「直流」で、用いられる電気は「交流」のため、PCSは直流の電気を交流に変換する装置です。

● 連系変電設備
メガソーラーで作られて電気は電力会社の送配電線に接続します。これを「連系」といい、連系変電設備は接続する電力会社の配送電線の電圧にあうよう調節します。